印刷の工程についての情報

プリプレスは印刷の前段階

印刷会社は、専門の設備と技術によって加工サービスを提供します。その工程は、版を作る、機器を動かして本刷りする、印字後の加工の3つに分けることができます。原稿の処理や加工のデジタル化が進んでいるために、工程は短縮されています。原稿を元にして組版をして原版を作成するまでの過程を、前段階という意味でプリプレス工程といいます。文字主体のページ物の場合は、文字組版そのものが重要となります。オフセット印刷のプリプレスは、写植版下方式の文字組版からデジタル方式の文字組版(オフィスDTP)に移り変わっています。

デジタルプリプレスを使う利点

印刷の前段階であるプリプレス工程には、デジタル組版が使用されます。これを使うことで、モニタ上の文字と画像を合わせたページのレイアウトイメージを確定させることができます。また、イメージセッタを出力機として選べば、電算写植システムと同様に組版結果を印画紙やフィルムに出力することもできます。プリプレスはデジタルを取り入れることで進化しましたが、それ以上に組版結果をデジタル方式の製版過程にも利用できることが最大の利点です。出版でも商業でも、多くの分野で現在の印刷はデジタルプリプレスが標準になっています。

新着情報

2016-10-19 名刺印刷はどこで作成が更新されました。
2016-10-10 パンフレット印刷とはが追加されました。
2015-07-13 名刺印刷についてが追加されました。
2015-01-30 チラシ印刷に必要な物が追加されました。
2012-12-21 準備工程と印刷工程が追加されました。